メニュー メニューを閉じる

Wedge 9月号に掲載されました

月刊誌「Wedge」9月号「看取り」クライシス ~多死社会が待ち受ける現実~ にて、特別養護老人ホームさくらと医療法人社団悠翔会の連携について紹介して頂きました。 さくらでは、普通の生活を支え続けた先に「旅立ち」としてのお看取りがあります。 その方の寿命を精一杯生きて頂くための支援を、毎日積み重ねています。 「看取り」クライシス 是非ご一読ください。

以下、平成27年4月から連携させていただいている、悠翔会在宅クリニック理事長 佐々木淳先生の紹介文です。

訪問診療としては関わることのできない特養ですが、わたしたちは積極的に医療連携を行っています。それは、特養が「終の棲家」として機能するためには、実質的に在宅医療に近い支援が必要と考えるからです。

在宅医療専門のクリニックならではの往診フットワークの軽さ、クラウド型電子カルテシステムによるリアルタイムの情報共有、そして一番大切なのが「最後まで暮らし続けられる地域をつくりたい」という特養の運営者や現場スタッフとの共通理念。

足立区の特養さくらでは、100%近い看取り率、延べ入院日数の大幅な削減、そして入居者もご家族も納得できる支援を実現しています。

限られた診療報酬の中でも、多職種の最適な役割分担・タスクシフトを進めることができれば、高品質なケアを持続可能な形で提供することができるはずです。

※紙面をクリックするとPDFファイルが開きます。

Wedge-09-15-16 Wedge-09-16-17

13-09-19 | 0 comments | in What's new

コメントの入力は受け付けていません。

イベントレポート

納涼祭を行いました。

いつもさくら・かえでの運営にご協力頂きありがとうございます。 8月17日(土)さくら・かえででは、納涼祭を開催いたしました。屋外での開催は2年振りとなり、大変暑い日でしたが、ご家族の方、地域の方をはじめ、大勢の方々のご参加をいただき、大変にぎやかに開催することができました。

続きを読む

What’s new

Wedge 9月号に掲載されました

月刊誌「Wedge」9月号「看取り」クライシス ~多死社会が待ち受ける現実~ にて、特別養護老人ホームさくらと医療法人社団悠翔会の連携について紹介して頂きました。 さくらでは、普通の生活を支え続けた先に「旅立ち」としてのお看取りがあります。 その方の寿命を精一杯生きて頂くための支援を、毎日積み重ねています。 「看取り」クライシス 是非ご一読ください。

続きを読む

新しい仲間募集中

新規採用随時募集しています。採用条件の希望やスキルアップの要望など、お気軽にお問い合わせください。

採用情報

マイナビ